フロアコーティング業者を徹底比較!口コミや評判をもとに人気業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティング後はどれぐらいで荷物を運べる?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/08/26

フロアコーティング後、すぐに荷物を運び込むと施工したコーティングにダメージが入ってしまうことがあります。しかし、どれくらい経ったら搬入してもよいのかわからないと困りますよね。今回は、愛知県でのフロアコーティングをする場合、どれくらいで荷物を運び入れられるのか、フロアコーティングの基本のポイントをお話しします。

住宅のフロアコーティングとは

フローリングは木製である事が多く、生活をしていればその上でいろいろなトラブルが起きる物です。水物や何かの薬剤成分がある物をフローリングにこぼしてしまう可能性もありますし、重量物を落としてしまうこともないとはいえません。しかも木製である場合は、カビが発生することもあります。では、水拭きをすればよいのかといえば、注意していないと水拭き分の水分がシミの類になることもあります。

その問題を解決する方法としては、まずワックスがけがあります。ワックスがけは自分で実施可能ですし、しっかり行えば表面に樹脂ができて汚れの類を弾き、水分も通しませんので問題が相当軽減されます。光沢も出て見た目も綺麗になるといったメリットもありますが、ダメージに弱いという難点がありました。上手く使えば1年くらいは持つのですが、早ければ数ヶ月程度で削れてなくなることもあり、複数回やらなければならない問題が出ます。

ワックスがけで問題となる施工の頻度を大きく減らせるのが、フロアコーティングです。短期的に見ると料金が割高になるという問題は残りますが、耐久性能が10年~20年というタイプも少なくありません。フロアコーティングは合計で4種類ありそれぞれに長短があるため、施工の際にはしっかり説明を聞いておくことも必須となります。

しかしワックスのように何度も塗り直さなければならない手間を考えると、一定の資金を見た上で1度にやってもらった方がよいと考えることもできます。愛知県内で行いたい場合には、ワックスとフロアコーティングの長短を比較し、ご自身の住まいにはどちらが最適かを考えてみましょう。

フロアコーティングの種類と荷物運搬可能時間について

フロアコーティングには4種類あり、内訳は「ガラス」と「UV」、「シリコン」と「ウレタン」になります。この中で最短で乾燥し、荷物運搬ができるのはUVタイプです。単純に乾燥時間だけを計算した場合数時間程度で済みますし、フロア全体をやるにしても1日もあれば事足ります。耐久性も30年は問題ありませんし、実施するとコーティングの影響で部屋が明るい印象になると思ってください。小さい部屋の場合は、場合によって施工日に荷物を運び込むこともできます。

次に、手早く荷物搬入が可能になるのはウレタンタイプです。乾燥時間は約24時間程度で、施工完了から翌日の同時刻まで待つならば荷物運搬も問題なくできます。衝撃吸収力が他のコーティング剤よりも高く、低価格が魅力なのですが、総合的な耐久力が弱めであり3年程度で寿命になります。

強度の上では最も堅実なガラスタイプの場合は施工してから1日から2日は見ないといけません。液体ガラスが硬化するまでの時間であり、耐久力も高く安価という点は大きいメリットなのですが、荷物運搬を急ぐ場合はある程度計算した上で選択することをおすすめします。

最後にシリコンタイプに関してですが、このタイプは小さな子どもやペットが床を舐める事があっても問題がない上、滑り止め効果もある点でとてもメリットがあるのと、耐久力が弱めというデメリットがあることがポイントです。乾燥時間は4種類中最長で、最低24時間以上。確実を期す場合は48時間以上は見た方が無難となります。塗る時間と荷物運搬時間を計算するならば、3日~4日と見ておくとよいでしょう。

効率よく作業を進めるためのコツについてです

愛知も含めた全国共通の会社選びのポイントとしては、下見をした上で無料の見積もりをしてくれる事と、乾燥時間関係の説明が丁寧かをしっかり確認する事です。その上でトラブルがあった場合に、しっかりカバーしてくれる保険に入っているかも見るようにしてください。

会社によっては、メール以外のやり取りを完全にしないで急に施工をするところもあるかもしれませんが、本来、確実なフロアコーティングのためには下見は必須です。 会社決定の後は、「基本的に1日程度で即座に部屋の状況が元通り使える様になるとは考えない」ということを前提にして計画を練ってください。その時間を少しでも短縮したいのであれば、部屋の中の荷物を外に片づけて部屋を空っぽにする作業しておくことがおすすめです。作業の邪魔にならないように事前に清掃しておくというのもよいでしょう。

施工時間は、これらの事前準備段階はカウントしない場合がほとんどなので、仮に1日といわれた場合は片付けと清掃タイム込みで数時間は長くなると考えておきましょう。乾燥後も完全に硬化して傷が付かなくなるまでには相応の時間を見る必要があります。

どのコーティング剤をどういった状況で使ったのかでいろいろと変わる面がありますが、急いで荷物運搬に入るのはあまり得策ではないです。事前に依頼先の会社とよく話し合った上で、急を要さないスケジュールを組む事をおすすめします

 

フロアコーティング施工後から、荷物運搬可能までは数時間程度の物から、最長で3日は見た方がよい物までいろいろあります。4つのフロアコーティング剤の種類によっても違いますので、施工前には必ず会社と相談する事をおすすめします。また、乾燥時間の他に、定着時間分を見る必要があるため、余裕をもってスケジュールを組んでおきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索