フロアコーティング業者を徹底比較!口コミや評判をもとに人気業者をランキングで紹介しています!

新築物件を購入したらすぐやる?フロアコーティングのタイミングについて

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/28

新築住宅を購入したときは、フロアコーティングをするのによい機会です。住居のフローリングに特殊な塗料でコーティングすることで、見た目がきれいなグロース調できれいになるだけでなく、家具の移動時に傷がつきにくく、掃除するのが簡単になるといったメリットがありますが、具体的にどのタイミングで施工するべきなのでしょうか。

新築物件に入居する前をいかに評価するか

愛知県で新築の一戸建て住宅を購入した際に、フロアコーティングのタイミングとしてまず思い浮かべるのは入居する前です。入居の前の引っ越しのこともふまえると、荷物の搬入などの忙しいときをわざわざ選ぶ理由はどこにあるのか疑問かもしれません。この点の理由は明白で、入居前は住居内部に何も置かれていない状況だからです。部屋に何もおかれていなければ、コーティング作業のために配置済みの家具を、移動させる必要はありません。

最近では作り付けの収納空間が充実する傾向がありますが、そのような状況を前提にしても、普通の入居状態で家具がまったくないというのは稀です。間取りや広さの面から、思ったように家具を移動できないとフローリングにくまなくフロアコーティングができないリスクもあり得ます。

さらに新築入居前にコーティングをすることで、乾燥までの時間を充分確保できるというメリットもあります。最近ではUVに反応する素材を活用することで、即日乾燥するといったコーティング剤も登場していますが、主流のコーティング剤を前提にすれば数日から2週間程度の余裕をもった乾燥時間を確保するのが望ましいのが一般的です。

たとえば月の初めの1日に入居する場合は、逆算して前月の中旬から下旬くらいにフロアコーティングの作業を済ませておけば、入居する段階になれば充分乾燥しているはずです。

どの季節を選ぶのかも大事

愛知県で一戸建て住宅などにフロアコーティングをすることを予定しているときには、どのシーズンに作業をするのかという点も重要です。引っ越し時期などの兼ね合いもあるので、必ずしも誰もが自由にシーズンを計ることができるとは限りませんが、とりわけコスト面を考慮するとシーズン選びをいつにするのかも重要な課題です。

このときに重要な視点は、「ハイシーズン」を避けることにあります。ハイシーズンとは繁忙期のことで、一般的には3月から4月にかけての時期です。この時期は就職や入学・転勤辞令などの関係で国内で人口の大きな流動が生まれます。当然転居時はフロアコーティングにとっても格好のタイミングなので、受注も多くなります。

ハイシーズンでは自ら必要性を感じてフロアコーティングの受注が増加するので、業者側としてもわざわざ単価を下げてまで営業をかける必要がありません。そのため施工価格は高くなる傾向が顕著になるわけです。

反対に相場よりも多少高い価格を設定しても新規のクライアントを獲得できるので、依頼する側としても安くしてもらうのは難しいのが現状です。仮に転居の時期などの調整をつけることができるなら、ハイシーズンを避けて閑散期を選ぶ方が当然価格は安く済みます。具体的には8月から9月にかけて引っ越し需要は低くなり、フロアコーティング業者にとっても価格を下げてでも受注したいインセンティブが働くはずです。

タイミングはコーティングが乾燥しやすい時期がベスト

愛知でフロアコーティングを施工するとき、コストの問題と充分に乾燥できる時間の確保、この二点が重要な問題になります。コスト面では引っ越しの繁忙期には受注が集中するので施工価格も高止まりする傾向があるので、引っ越しが少ない8月から9月というのがコスト面でのベストのタイミングと結論づけることができます。

しかし他方でフロアコーティングのメリットを存分に発揮させたいなら、塗膜が堅牢になるまで充分乾燥させることも重要です。そこで季節という切り口でどのタイミングがよいのか検討してみましょう。

一般的にはフロアコーティング施工後は、すぐに部屋の使用を開始できるわけではなく少なくとも数日は乾燥を待つ必要があります。しかしこのタイムスパンは季節による影響を大きく受けるので早い季節ではエリアによっては、速やかに乾燥することもあります。反対になかなか乾燥が進まないという季節もあります。

乾燥の鍵を握っているのは空気中の湿気が少ないタイミングです。湿気が少ないというのは12月から3月の冬期ということになります。反対に乾燥しにくい時期というのは、湿気が多くなる梅雨時です。梅雨のある本州では6月の初旬ころから入梅になりますが、東北南部でも6月末には入梅しています。

このことを前提にすると、あえて梅雨時前後にフロアコーティングをする必要はないといえます。もちろん入居までに時間的余裕があればあまりこだわる必要はありません。

 

愛知で新築物件に入居するなら、入居前にフロアコーティングをするのがタイミング的にはよいといえます。ただし引っ越し需要が高まる3月から4月のハイシーズン(繁忙期)は、相場が上がるのでコストを抑えたいときは考えどころです。時期を選べるなら引っ越し需要が少なく湿気も少ない、8月から9月はタイミングとしてはベストといえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧