フロアコーティング業者を徹底比較!口コミや評判をもとに人気業者をランキングで紹介しています!

お年寄りがいる家庭のフロアコーティングは?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/29

お年寄りと同居している場合、フローリングの手入れに悩むことがあるかもしれません。高齢になると足腰が弱り転倒しやすくなりますし、車椅子を使っている場合は傷が付きやすくなります。フローリングはそのままでは滑りやすく、怪我につながることもあるでしょう。さまざまなメリットを考えるならフロアコーティングの施工をするのがおすすめです。

フローリングが滑りにくくなる

最近ではフロアコーティングという施工が人気となっています。これは床の表面にコーティング剤を塗布することにより、フローリングを保護するという施工です。ワックスに似ていると感じるかもしれませんが、ワックスよりも耐久性があることが特徴です。一度施工をすると数年間効果が持続するため、メンテナンスの時間や手間を省くことができます。

コーティングにはフローリングの耐久性を高めるだけでなく、紫外線防止やカビ防止などさまざまな効果が期待できるのです。コーティング剤にもいろいろな種類があるため、目的に合わせて選ぶことをおすすめします。

愛知の家でフローリングの汚れや傷が気になる場合、この施工を行うのがおすすめです。また、お年寄りのために自宅のバリアフリー化をしたけれど、フローリング自体のケアはしていないという人もいるかもしれません。お年寄りになると足腰が弱ってしまいますし、家の中であっても自由に動けなくなってしまうことがあります。

滑りやすいフローリングのままで生活を送るのは危険であるため、フロアコーティングでしっかり保護するとよいでしょう。光沢感のある床は滑りそうに見えるかもしれませんが、コーティングすることで床に適度なグリップ性を持たせることができますし、転倒を防止する効果が期待できます。ちなみに、極端に滑りにくい床も足腰によくないといわれているため、最適なコーティングを提供してくれる業者を探してみましょう。

フローリングを綺麗に保てるようになる

愛知でお年寄りと暮らしている場合、フローリングの汚れや衛生状態が気になるかもしれません。フロアコーティングには床を綺麗に保てるというメリットもあります。表面をコーティング剤で保護することで傷や汚れを防ぐことができますし、風合いを長く維持して経年劣化を抑えるという効果も期待できます。

また、表面が傷付いてしまっても、厚い被膜で覆われているので床に到達することはほとんどありません。フロアコーティング1回の施工金額はワックスよりも高額ですが、ワックスよりかなり長持ちするため、トータルで見ればお得になります。

フロアコーティングをすれば汚れが直接床に付かなくなりますし、お年寄りが食べ物や飲み物をこぼしてしまっても問題ありません。雑巾などで拭き取れば簡単に汚れを落とすことができるでしょう。また、落ちにくい汚れに対してお湯や薬品を使ってもコーティング剤が剥がれることはありませんし、簡単にお手入れができるようになるのです。

普通の床は1日掃除しなかっただけでも埃が目立ってしまうことがあります。とくに家族が多い場合や小さい子どもがいる家庭では目立ちやすいでしょう。コーティングした床は静電気効果により、埃が目立ちにくくなるというメリットもあります。長期間フローリングの表面を綺麗に保つことができるため、明るく清潔な室内を維持できるのです。

傷が付きにくくなるのでフローリングが長持ちする

フロアコーティングには傷が付きにくくなるというメリットもあります。愛知でお年寄りと一緒に暮らしている場合、車椅子での移動や重いリフトの移動などが必要になることも多いかもしれません。また、ベッドを動かす時などもフローリングを傷めてしまう原因になります。フローリングは傷が付くと寿命が短くなってしまいます。メンテナンス費用が多くかかってしまうこともあるため、傷が付く前にきちんとフロアコーティングで保護しておくのがおすすめです。

フロアコーティングでは樹脂による被膜でフローリングを覆うことになるため、傷に強くなります。耐久性はフロアコーティングの種類によっても異なりますが、何も施工しないよりは安心して生活を送れるようになるでしょう。うっかり何か物を落としてしまっても、保護されているので傷が付かないことが多いです。

もちろんフロアコーティングをすればまったく傷が付かないというわけではありません。多少の傷は付いてしまうこともありますが、大きな傷は付きにくいので綺麗なフローリングを保ちやすくなるということです。

お年寄りは体が冷えやすくなりますが、フロアコーティングをすることで足から暖かさを感じやすくなります。また、暖房の保温効果がアップするというメリットがあります。とくに床暖房が冷めにくくなるため、節電や省エネにもつながります。足の冷えが気になる場合は厚みの出るタイプがとくにおすすめです。

 

フロアコーティングにはいくつかのタイプがあり、それぞれ特徴や費用に違いがあります。しかし、傷や汚れ方フローリングを保護するという役割は変わりません。長期間綺麗な状態を保てるようになりますし、費用対効果が高い施工だといえるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧