フロアコーティング業者を徹底比較!口コミや評判をもとに人気業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティングの施工時間・施工期間はどのくらい?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/28

愛知は規模が大きい町ですので、フロアコーティングの会社も探す事自体は難しくありません。しかし、一口にフロアコーティングといっても種類がありますし、一時的に家を使用できなくなることもふまえると、施工にかかる時間や期間に注意する必要があります。そこで今回は、フロアコーティングにかかる施工時間や施工期間について説明していきます。

フロアコーティングとワックスの違いについて

フロアコーティングもワックスもどちらもフローリングを守るために、「樹脂になる液体をフローリングに塗る事」を意味します。フローリングは大概の場合は木製である事が多く、生活をする中で水をこぼしてしまったり何かを落としてしまうこともあります。掃除においても水拭き等をしていると、場合によってはカビであったり水痕が付いてしまう原因にもなってよくありません。

その対策法として、簡単な方法ではワックスを塗る選択肢が出て来ます。愛知でも、当然入手可能ですし施工も自分でできますが、丁寧にやればフローリングを保護する樹脂ができますので、木製ならではの問題はほぼ解決します。綺麗な色艶も出るという意味で、見た目もとてもよくなるメリットもあり安価である事も見逃せません。

しかし一方でデメリットもあり、ワックスの強度は強靭ではない事は把握しておく必要があります。丁寧に使った上で好条件が重なれば1年は持ちますが、早い場合は数ヶ月で剥げてしまい、また塗りなおす手間を掛けなければいけません。

対してフロアコーティングは、ワックスよりもずっと強靭で種類によっては10年~20年以上使えるという点で大きいメリットがあります。初期投資がワックスよりも割高であり、施工時間や施工期間を見なければならない点と見た目がワックスよりも見劣りするという点はマイナスですが、それを差引いたとしても長期的に見るならば実施した方がコスト面では安く済みます。そして、愛知にはそれを専門とする会社が少なからず存在します。

フロアコーティングの種類について

フロアコーティングは、「ガラス」に「UV」、「シリコン」と「ウレタン」の合計4種類あります。施工するフロアの大きさや条件の違いにもよりますが、この中で最速の施工時間を求める場合はUVをおすすめします。施工時間は数時間程度で完了しますし、速乾性がありますので施工期間も短くて済むうえ、耐久性も30年と長期間にわたって使用し続けることが可能となっています。

次点はウレタンでありこれは施工終了から24時間見るのを前提にする事になりますし、後はガラスの24時間~48時間と、シリコンの48時間以上が続きます。

この時、とくに注意しなければいけないのは「施工時間は施術に掛かる時間であり、施工期間は乾燥込みの時間である」という事で区別をしておかなければいけないという点です。フロアコーティングは実施すれば即荷物を運び込めるようになるものではありません。塗った後に、確実に塗料が乾燥してフローリングに定着するまでには一定の時間が必要です。

一応、定着までの平均時間はそれぞれの方法ごとに出てはいますが、確実を期したい場合はできれば平均時間よりも多くの時間を見た方が安定します。この時間差は請負う企業によって誤差が出やすい部分であり、依頼の時に詳細を聞いておいた方がよいポイントになります。

他にも、単純に荷物を運び込むのには問題がないほどに乾燥したとしても、油性のコーティング剤を使った場合はシンナーの匂いが残る事も少なくありません。匂いが残っているという事は、まだ溶剤が乾燥し切っていないという事でもあり、それが完全に消えるまでには大概は1週間程度を要します。

会社選抜の際の注意する点について

フロアコーティングと下見はワンセットと考えるべきで、現場の下見無しでの施工には多くの意味で問題が付きまといます。その点を勘案するのであれば、無料の現地下見と見積もりをしてくれる会社を選択する事をおすすめします。他にも施工時間と施工期間や塗料の性質について、丁寧な説明をしてくれるか、こちらの事情について丁寧なヒアリングがあるかも要チェックです。

ちなみに、見積書の内容も「どの場面にどの程度の経費が掛かるのか」という事で、不明ポイントがないかをしっかり確認するようにしてください。堅実な会社であれば素人にも分かるような、相当に整備された見積書を提示してくれるはずです。後は作業の時間を少しでも早くしたいのであれば、事前に施工予定のフロア等から家具を運び出したり清掃しておくことも重要なコツになります。

たとえば「数時間で施工は完了する」となっていた場合、その施工時間に片付けや清掃時間は含まれていないと考えてください。塗料を万遍なく部屋に塗るためには、家具等があると当然困るので搬出することになりますが、段取りは中の物が多ければ当然長引きます。

つまり数時間プラス事前準備時間ということで、場合によっては一日がかりになることも珍しくありません。しかし、逆にいえば先に事前準備段階を自分でクリアしておけば、その分の時間は省略する事ができます。もちろんそのときの事情にもよりますが、できるだけ時間短縮を図りたいのであれば外せないコツといえます。

 

フロアコーティングにかかる施工時間と施工期間は、最短だとUVでそれぞれ数時間程度です。続いてウレタンが両方込みで24時間、ガラスが24時間~48時間でシリコンが48時間以上となります。作業時間と乾燥時間込みで施工期間という事になりますが、それを短く済ませたい場合は事前の問い合わせの詳細チェックと、片付け等の事前準備を自分でクリアしておくことがとても重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧