フロアコーティング業者を徹底比較!口コミや評判をもとに人気業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティングに掛かる費用の目安を予め知っておこう!

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/05/13


フロアコーティングをおこなうことで、床が汚れにくく綺麗な状態を保てるだけでなく、掃除の手間が少なくなるメリットがあります。フロアコーティングには種類があり、それぞれ掛かる費用も異なります。こちらの記事では、フロアコーティングに掛かる費用の目安や、フロアコーティングに掛かる費用を安く抑える方法についてご紹介します。

フロアコーティングに掛かる費用の目安

フロアコーティングと言っても、その種類や掛かる費用はさまざまです。こちらの章では、5種類のフロアコーティングの特徴と、費用についてご説明します。

フロアコーティングの種類と費用

・ウレタンコーティング
耐用年数は2年~3年ほどですが、1㎡あたり2,000円~3,000円と安くフロアコーティングが可能です。ウレタンコーティングの中でも、水性と油性の2種類があり、油性の方が耐久性があり、価格も高くなります。

・アクリル系
ウレタンコーティングと同様に、安価でフロアコーティングができます。費用は1,000円~2,000円です。ホームセンターなどで購入できるワックスと比べて耐久性に優れており、一度フロアコーティングをおこなうと、2年~3年の耐久性があると言われています。

・ガラスコーティング
費用は1㎡あたり3,500円~5,000円と、ウレタンコーティングやアクリル系のフロアコーティングよりも価格が高くなります。しかし、光沢感を抑えた自然な仕上がりが実現します。

・シリコンコーティング
シリコンコーティングは滑りにくい点が特徴です。小さなお子さんがいるご家庭や、高齢者の方の家庭で選択される場合が多くあります。通気性があり、フローリングにも優しく柔軟性があるコーティング剤です。価格は1㎡あたり3,000円~4,000円が相場とされています。

・UVコーティング
耐久性に最も優れており、耐用年数は30年以上と言われています。価格は1㎡あたり4,500円~5,000円とフロアコーティングの中では高額ですが、一度フロアコーティングを行ってしまえば、ランニングコストが削減できます。ランニングコストを重視する場合におすすめです。

フロアコーティングに掛かる費用を安く抑える方法

フロアコーティングを家の部屋全てにおこなうと、数十万円の費用が掛かります。できるだけコストは抑えたいと思う方も多いのではないでしょうか。

こちらの章では、フロアコーティングに掛かる費用を安く抑える方法についてご紹介します。

コーティング剤を使い分ける

先ほどの章でもお伝えしたように、フロアコーティングには種類があり、耐久性も価格も異なります。全ての部屋を耐久性が高いフロアコーティング材を使用してしまうと、コストが高くなってしまいます。コストをできるだけ抑えられるように、部屋ごとにコーティング剤を使い分けるのもおすすめです。

例えば、家族がいつも使用する部屋は耐久性が高いものを、普段あまり使用しない部屋は、安価なコーティング剤を使用するなど、使い分けることでコストを下げることが可能です。

注意すべき点としては、あまりにもコーティング剤を使い分けてしまうと、業者側の手間がかかるので、費用が高くなる場合があります。見積りの時点で、どのように使い分けをすると一番コストが掛からないのか、確認しておきましょう。

見積りを数社からとる

基本的なことになりますが、フロアコーティングをどの業者に依頼するか決める際には、複数の業者から見積りをとることが大切です。見積りを提示してもらうことで、コストが安い業者を選べるだけでなく、値下げ交渉がしやすくなります。

トータルでコストを意識する

価格だけでコーティング剤を決めてしまうと、耐用年数によっては2年~3年ごとに、フロアコーティングを行わなければなりません。初期費用が高くても、耐用年数が長いコーティング剤の方が、結果的にコストが安い場合があります。トータルでコストがどのくらい掛かるのか、確認しておく必要があるでしょう。

不自然に安すぎる業者には注意が必要

インターネットなどで業者を調べると、不自然に安すぎる業者もあります。しかし、あまりにも安すぎる場合は、怪しいと思った方が良いでしょう。安いのは喜ばしいことですが、業者によっては施工が雑であったり、フロアコーティングをした後のアフターフォローが無い場合が考えらえます。耐用年数が長いフロアコーティングを依頼する場合は、アフターフォローがしっかりしている業者を選ぶことが重要です。

 

フロアコーティングに使用するコーティング剤には種類があり、それぞれに特徴があります。コーティング剤の価格だけでなく、耐用年数や特徴も確認して、コーティング剤を決めることが大切です。また、業者を選ぶ際には、不自然に安すぎる業者は避けて、アフターフォローが充実している業者を選んだ方が良いでしょう。こちらの記事で紹介したことを参考に、フロアコーティングをおこなってくださいね。

フロアコーティング業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社メイプル社株式会社GOOD LIFE(グッドライフ)株式会社COLOR(カラー)株式会社ジェブ株式会社ゆはかのこ(森のしずく)
特徴仕上がりに強くこだわり一軒ずつ丁寧に施工フロアコーティングだけを行ってきた専門店充実したアフターサービスフロアコーティング依頼した方限定のオプションお得な割引や特典を用意
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知県】エリア別フロアコーティング会社一覧
記事一覧