フロアコーティング業者を徹底比較!口コミや評判をもとに人気業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティングをDIYで行う具体的な手順をチェック

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/05/13


フロアコーティングは専門業者に依頼する方が多いですが、DIYが得意な方は「自分でやってみよう!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。フロアコーティングは素人でも綺麗にできるのでしょうか?こちらの記事では、フロアコーティングをDIYで行う具体的な手順についてご紹介します。

フロアコーティングをDIYで行う手順

フロアコーティングをDIYで行うためには、どのような手順が必要か事前に把握しておくことが重要です。自己流でフロアコーティングをやり始めてしまうと、失敗してしまう可能性が高いでしょう。こちらの章では、フロアコーティングを自分でおこなう際の手順についてご紹介します。

必要な道具を揃える

フロアコーティングは、以下の道具を揃えてからスタートしましょう。

・掃除機
床を掃除する際に必要です。

・中性洗剤
床の汚れを取る際に使用します。

・コーティング用モップ
コーティング剤を塗装する際に必要です。

・養生テープ
マスキングテープでも可。家具やドアを汚さないために使用します。

・タオル
中性洗剤で床を拭く際に使用します。何枚か用意しておきましょう。

・コーティング剤
コーティング剤は種類が複数あるので、特徴を調べて購入しましょう。

掃除

・床掃除
コーティング剤を綺麗に塗るためには、床を綺麗な状態にする必要があります。掃除機や中性洗剤を使用して、床の汚れを取りましょう。

・水拭き
掃除機・中性洗剤で掃除した後は、最後に水拭きをして乾かします。

・コーティング
まず、コーティング剤を付着させたくない場所を、マスキングテープで保護します。その後、コーティング剤を塗っていきましょう。

綺麗に仕上げるには

コーティング剤は、部屋の奥からドアの方に向かって塗るのがポイントです。事前にルートを決めておくとスムーズです。コーティング剤は、できるだけ早く塗ることで、ムラがなく仕上がります。

フロアコーティングをDIYで行う場合によくある失敗

フロアコーティングをDIYで行う場合、以下のような失敗例がよく挙げられます。

塗り直しができない

フロアコーティング剤は「ウレタンハード」「UV」など、種類によっては剥がせないものがあり、塗り直しが出来ない場合もあります。細心の注意を払いながら塗装を行う必要があります。

異物が入る

コーティング剤と床の間に、ホコリや小さなごみなどが混入してしまうことがあります。異物が混入している部分が悪目立ちしてしまうだけでなく、コーティング剤が固まらないことも考えられます。

密着不良

フローリングの汚れが取り切れていないと、コーティング剤がしっかりと密着しない場合があります。一部分であれば、再度塗装することで綺麗になることもありますが、一度塗装してしまったフローリング材をはがすことは難しいでしょう。

コーティング剤選び

先ほどの章でもお伝えしたように、コーティング剤にはいくつも種類があります。フローリングとの相性や失敗した場合に剥がせるのかを含めて、しっかりと調べてから購入する必要があります。

かなり手間のかかるフロアコーティングは専門業者に依頼するのがおすすめ

これまでにお伝えしたように、フロアコーティングをDIYでやるには、手間や失敗してしまうリスクがあります。

仕上がりがプロより劣ってしまう

自分で行うフロアコーティングと、専門業者のフロアコーティングでは、やはり仕上がりに違いがでます。ムラがなく綺麗に仕上げたい場合は、専門業者のプロに任せた方が良いでしょう。また、UVコーティングなどは、専用の道具も必要になるので、DIYではフロアコーティング剤も制限されてしまいます。

時間が掛かる

狭いスペースであれば、DIYでもそれほど時間をかけずにフロアコーティングができるかもしれませんが、広い部屋ではそうはいきません。フロアコーティングを行う範囲が広ければ広いほど、時間も手間も掛かります。また、コーティング剤の購入量や種類を間違えてしまったりする場合も考えられます。

温度や湿度の管理

フロアコーティングをおこなう際には、気温や湿度がとても重要です。コーティング材の種類によっても異なりますが、気温20℃前後・湿度60%前後が、フロアコーティングではベストな環境だと言われています。専門業者であれば、コーティング材の種類に合わせて、気温や湿度を確認しながら綺麗に仕上げてくれるでしょう。

 

フロアコーティングはDIYでおこなうことも可能です。必要な道具を準備して、掃除機や中性洗剤などを使用して綺麗に床の汚れを落とした後に、水拭きをして、乾いたらコーティング剤を塗布していきます。塗布する際には、温度・湿度管理、塗りムラがない様に塗布しなければなりません。フロアコーティングの専門家に任せれば、綺麗に仕上げてくれます。フロアコーティングを失敗したくない場合は、無理せずに業者に任せましょう。

フロアコーティング業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社メイプル社株式会社GOOD LIFE(グッドライフ)株式会社COLOR(カラー)株式会社ジェブ株式会社ゆはかのこ(森のしずく)
特徴仕上がりに強くこだわり一軒ずつ丁寧に施工フロアコーティングだけを行ってきた専門店充実したアフターサービスフロアコーティング依頼した方限定のオプションお得な割引や特典を用意
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知県】エリア別フロアコーティング会社一覧
記事一覧