フロアコーティング業者を徹底比較!口コミや評判をもとに人気業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティングの流れとは?具体的な施工手順を知っておこう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/10/06


フロアコーティングを行う際は、専門の業者に依頼してすべてを任せるのが一般的です。しかし、ある程度の施工手順を知っておかないと、日常生活に戻れるタイミングがズレてしまうので要注意です。そこで今回は、フロアコーティングの具体的な手順について解説します。フロアコーティングを行いたいと思っている人は、しっかり確認しましょう。

フロアコーティングを業者に依頼するまでの流れ

フロアコーティングをする際は、施工業者選ぶことからスタートします。選ぶ方法としては、街で見かけた業者や知人などの紹介、最近はインターネットを使って各業者のホームページを見る方も増えてきました。

各社を比較する

いくつかの業者を見つけたら、業者に連絡しパンフレットなどをもらうようにしてください。もちろん、公式サイトの情報も判断材料になるので、活用しながら各業者を比較します。

比較するのは施工内容、保証、実績などで、掲載されていればモデルとなる料金もチェックしておきます。

見積もり

「ここがよい」という業者を見つけたら、電話やメールなどで見積もりを依頼します。見積もりについては、ほとんどの業者が無料にしていると思いますが、事前に確認しておくと後々安心です。

また、見積もりを依頼する業者は複数でもOK、むしろ適正な料金を知りたい場合は、複数社から見積もりをもらった方がいいでしょう。確認するポイントとしては、基本的なプラン内容、施工費用の内訳、追加料金の有無などです。わからないことがある場合も、必ず確認するようにしてください。質問に対する答えや対応姿勢からも、信頼できる業者かどうかがわかります。

業者を決めて契約

すべてを確認して納得できれば、いよいよ業者との契約です。契約を交わすと、業者は施工の準備に入ります。

フロアコーティング施工当日の流れ

フロアコーティングの施工は、最初に作業内容の確認から入ります。どこを施工するのか、何を使うのか、さらには床の現状などを、施工前に依頼主と確認していきます。また、施工時はホコリの混入などを防ぐ目的もあり、ドアや窓をすべて閉めるので、もし立ち会いたいときは事前に話し合っておきましょう。

コーティング前の準備

マスキングテープを使って、コーティング剤などが他の部分に付着しないようにします。その間にコーティング剤や剥離剤などを準備、コーティングする際に邪魔になりそうな家具などがなければ掃除に入ります。もし、床にワックスが塗られている場合は剥離剤を使い、その後に掃除となります。

下地作業

いよいよコーティング作業に入りますが、まずは下地作業です。もし、床に傷があるようであれば、補修作業後の下地作業になります。下地剤を塗る理由は、次の工程で使うコーティング剤がしっかり密着させるためです。

コーティングを行う

下地の上にコーティング剤を塗布していきます。この工程は、ホコリが入ると凹凸などができるので、慎重さが求められる作業です。塗布後には乾燥される時間を取らなければいけません。天候や塗布面積にもよりますが、塗布から完成までは6~10時間程度と考えておきましょう。

立ち合いと完了

床を乾燥させ、マスキングテープを除去できたらフロアコーティングは終了になります。終了後は、依頼者立ち合いのもと、施工箇所を確認。何か気になる点などがあった場合は、トラブルにならないためにも、その場で伝えるようにしましょう。また、今後の掃除方法なども教えてくれるでしょう。できるだけ長く、さらに美しい状態を保つためにしっかり覚えておいてください。

フロアコーティング業者を選ぶ際に意識するべきポイント

最後にフロアコーティング業者を選ぶポイントを紹介します。まず確認してほしいのが「F☆☆☆☆」の取得状況です。これは、エフフォースターとも呼ばれる安全性を表したもので、コーティング剤のグレードを表すときも使われます。

また、技術面をチェックする際は過去の実績、管理面をチェックする際はISO9001の認証状況などが、業者選びの材料になるでしょう。

調査をしっかり行う

事前の調査をしっかり行ってくれるかも、業者選びの大切なポイントです。依頼主にとっては家に手を加えるため心配はつきものです。こういった気持ちを理解し、慎重に調査した上で話を進めてくる業者を選ぶようにしましょう。

費用面をチェックする

業者選びとともに大切なのが、施工費用です。フロアコーティングを行うときは、事前に費用相場を調べ、業者の見積もりを照らし合わせてください。また、複数の見積もりがあればさらに費用面を精査できます。早くコーティングしてもらいたいという気持ちは充分理解できますが、フロアコーティングで失敗しないためには、費用面のチェックは必要不可欠です。

 

今回は、フロアコーティングの具体的な施工手順とともに、業者選びのポイントも紹介しました。コーティングする際は、一時的とはいえ業者以外が立ち入り禁止となります。施工箇所によっては、通行できないと困ることもあると思うので、必要なものなどがある場合は事前に他の場所に移しておきましょう。まずは、優良な業者選ぶことからスタートです。インターネットなどを活用していろいろ探してみてください。

フロアコーティング業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社メイプル社株式会社GOOD LIFE(グッドライフ)株式会社COLOR(カラー)株式会社ジェブ株式会社ゆはかのこ(森のしずく)
特徴仕上がりに強くこだわり一軒ずつ丁寧に施工フロアコーティングだけを行ってきた専門店充実したアフターサービスフロアコーティング依頼した方限定のオプションお得な割引や特典を用意
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知県】エリア別フロアコーティング会社一覧
記事一覧