フロアコーティング業者を徹底比較!口コミや評判をもとに人気業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティングにかかる費用を安く抑えるテクニックとは?

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/09/06


床を汚れや傷から守りキレイな状態を維持できるという観点から近年フロアコーティングを行う方が増えてきています。しかし、専門業者に依頼することで一定の費用が発生してしまいます。今回はフロアコーティングを行う場合の種類ごとの相場、そしてなるべく費用を安く抑える方法を詳しく解説していきます。

フロアコーティングの種類ごとの料金相場

まず、フロアコーティングの種類ごとの料金相場を5つ解説していきます。

まず1つ目に「アクリル系」です。アクリル系はワックスよりも耐久性が優れているといわれ2年から5年持ち、他の種類に比べ安価なため、手軽に依頼しやすいものとなっています。費用相場は、1平米あたり1,000円~2,000円になります。3LDKのマンションになると7万円~14万円ほどになると考えてください。

続いて2つ目に「ウレタンコーティング」です。こちらは最も長い歴史を持つコーティングになり、耐久性は2~3年と短いですが、安価で人気な種類となっています。費用相場は1平米あたり2,000円~3,000円ほどです。3LDKマンションであれば140万円~21万円ほどになります。

続いて3つ目に「ガラスコーティング」です。フロアコーティングは施工後に光沢感が出ることが特徴ですが、ガラスコーティングは自然な仕上がりとなることから、光沢を抑えたい方に人気となっています。費用相場は1平米あたり3,500円~5,500円です。3LDKマンションになると、24万5,000円~38万5,000円ほどになります。

続いて4つ目に「シリコンコーティング」です。こちらは他の種類よりもグリップ力が優れており、小さなお子さんや高齢の方がいる家族に人気となっています。費用相場は1平米あたり3,000円~4,000円です。3LDKマンションであれば21万円~28万円ほどになります。

最後5つ目に「UVコーティング」です。フロアコーティングの中で圧倒的に耐久性に優れており、30年以上持つものもあります。その分費用は上がりますが、長期的に見たコストパフォーマンスは非常に高い手法となっています。費用相場は4,500円~5,000円です。3LDKマンションですと31万5,000円~35万円ほどになります。

フロアコーティングにかかる費用を安く抑えるテクニック

では、続いてフロアコーティングを少しでも安く済ませるためにできるテクニックを4つご紹介します。

まず1つ目に「数社に見積もりをしてもらう」です。まず実際にフロアコーティングの相場を知るためにも複数社へ見積もりの依頼をして比較検討しましょう。高額な請求に気づかなかったなんてことを未然に防ぐことができます。

続いて2つ目に「部屋によってコーティング剤の種類を変える」です。コーティング剤によって耐久年数や費用が違うことをご紹介しました。部屋によって使用頻度や求めるニーズが異なってきますので、優先順位を決めて種類を変えることで、総額を抑えることができます。

続いて3つ目に「耐久年数が長いコーティング剤を選択する」です。耐久年数が長いコーティング剤は長期的に見たときにコストパフォーマンスが高い傾向にあります。単純な施工費用ではなく長い目で見たときのコストで比較することをおすすめします。

最後4つ目に「保証期間が長くアフターフォローが充実した業者を選ぶ」です。施工不良や再施工などで再度業者に依頼することがあります。その時に保証期間やアフターサービスに含めることができれば、費用を大幅に削減、もしくは負担しなくてもよい場合があります。保証期間や保証内容を確認して、連絡がつきやすく対応が迅速な業者を選ぶことをおすすめします。

フロアコーティングを業者に依頼する前に確認しておくべき点

最後にフロアコーティングを業者に依頼する際に確認しておきたいことについて4つご紹介します。

まず1つ目に「施工実績の多い業者を選ぶ」です。フロアコーティングの実績が多いことで、住宅環境にあったアドバイスや最適なプラン提案をしてくれるでしょう。実績が多いことで信頼性が高まりますので、ひとつの判断基準として実績を見てみてください。

続いて2つ目に「事前見積もりができる」です。先ほども触れましたが、相場を確認するためにも見積もりを必ず行いましょう。また、フロアコーティングは決して安いものでもありません。見積書の内容が正確に書かれているかの確認も忘れずに行ってください。見積拒否や、内容が明記されていないときは怪しい業者かもしれません。

続いて3つ目に「施工時期に気を付ける」です。フロアコーティングは、外気温が5度以下の寒い時期には不向きです。密着性が弱くなり、仕上がり具合に納得がいかない結果となる可能性が高まりますので寒い時期の依頼は避けましょう。

最後4つ目に「目的に合わせてフロアコーティングを選ぶ」です。コーティング剤にはいくつかの種類があり、それぞれの強みが異なっていました。あなたのニーズによって最適なコーティング剤も変わってきます。そのため担当の方にしっかりと目的や理想の完成形を説明し、最適なプランを組んでもらいましょう。

 

今回はフロアコーティングにかかる費用の相場や安く抑えるためのコツについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。フロアコーティングはフローリングを汚れや傷から守り、キレイな状態で維持できる有効的な手段でした。しかし、一定の費用が掛かりますので、しっかりと自分の目的を確認して、長期的に見て最適となるコーティングをできるように選ぶことを心がけてください!

フロアコーティング業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社メイプル社株式会社GOOD LIFE(グッドライフ)株式会社COLOR(カラー)株式会社ジェブ株式会社ゆはかのこ(森のしずく)
特徴仕上がりに強くこだわり一軒ずつ丁寧に施工フロアコーティングだけを行ってきた専門店充実したアフターサービスフロアコーティング依頼した方限定のオプションお得な割引や特典を用意
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知県】エリア別フロアコーティング会社一覧
記事一覧