フロアコーティング業者を徹底比較!口コミや評判をもとに人気業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティングの保証期間や長期保証はあるの?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/06

フロアコーティングは、フローリングの劣化防止においてワックスを上回る大きい効果を持ちます。愛知には多くのフロアコーティングの専門会社がありますが、施工後のアフターフォローについては気になるところですよね。ここではフロアコーティングに保証期間や長期保証があるのか解説します。施工を検討している方はぜひ知っておきましょう。

耐用年数と保証期間の違いについて

愛知も含めて全国共通となりますが、フロアコーティングにはそれぞれ耐用年数があります。コーティング剤は主に「ガラス」と「UV」、「シリコン」と「ウレタン」という4つ程に種類が分かれますが、UVならば最長30年という長期に渡り効果が持続します。続いてガラスになると15年~20年以上でシリコンが10年~20年、最後にウレタンが3年~5年程度と見ておくとよいでしょう。

それぞれに一長一短があり、ガラスは強度が高い代わりに塩素系の薬剤に弱く少し滑りやすくなるという欠点があり、シリコンは体に安全な物質である代わりに強度がやや弱めである等のポイントを把握した上で施工を決断する事がとても重要です。

保証期間とは、会社による違いはありますが「耐用年数の間に何らかの形で破損が起きた場合に対応してくれる」という内容でまとまっていることがほとんどです。本来、フロアコーティングが完全な効力を発揮するのは破損がない状態に限ります。強度が高いコーティング剤もありますが、やはり不測の事態は起き得ますし、一部が捲れてしまっているとそこから他の部分にも破損が広がってしまうようなことも少なくありません。

しかし保証が効いている間であれば、その部分を改めて施工会社に埋めてもらうことでより長く効果を持続させることが可能です。そういった点を勘案するのであれば、効果が長いフロアコーティングを選んだならば保証も相応に長い内容になっているか否かをしっかり確認しておかないといけません。愛知であれば規模が大きい分だけ、必ず条件に合う会社が見つかるはずです。

保証書の詳細を読んでおく必要性について

大概の場合は、「耐用年数前に破損が起きた場合は無償修復を行います」という内容で保証書に記載があることが多いです。しかし、中には「長期間の効果を保証はしますが、その間に破損があった場合は修繕費が別に掛かります」という内容が書かれているケースもあります。

他にも、免責事項の確認もとても重要で「日常生活で起きた傷や剥がれは無償修理します」となっていることがある一方で、「施工後一定期間内の傷は責任が負えないので修理は有料です」とまとめてあることも少なくありません。

こういった点を勘案するのであれば、たとえば「フロアコーティングもしたいのだが施工時間は最短で直に事務所の中に入れる様にしたい」という時には細心の注意が必要です。施工会社によって設定された「コーティング剤が乾燥するまでの時間」がありますが、痺れを切らせてそれを待たずに荷物を搬入してしまったりすると、乾燥が充分ではなく有料修理になってしまうことも考えられます。

ちなみに、基本的にシンナーの匂いが残っている場合は、当初にいわれた乾燥期間が経過していたとしても溶剤が乾き切っていないと見なすことができます。この辺りの問題をしっかりクリアするためには、フロアコーティングの施工に余裕を持ったスケジュール設定が必須ともいえます。

使用するコーティング剤にもよりますが、おおよそ数日から1週間に迫る程度には欲しいですし、少しでも早く終らせるために施工前に自分達で家具や電化製品を運び出して、依頼した先の会社が作業しやすい状況を作るというのも悪くありません。

保証書を電話やネットで事前に取り寄せる必要性について

フロアコーティングを依頼する会社選びの際には、事前に現場に無料下見をしてくれるか、見積書が素人目でも分かるような丁寧な作りになっているか等、多くのチェック項目があります。施工時間と乾燥時間についても、こちらの事情を含めて細かヒアリングしてくれる様子があると理想的です。家具の運び出し等も行った上、匂いが出る段取りもある作業である以上、下見はとくに重要なため、下見の有無が施工依頼を決める時の判断基準にもなります。

そういったポイントで取捨選択し候補を絞ったのち、本依頼を決定するという段取りが堅実ですが、保証を重要視する場合は保証書を事前に送ってもらう段取りを入れておくことも重要です。中には難解な書き方をされているケースもあり、内容を齟齬がないように把握するためにはやはり時間を掛けて熟読しておいた方が安心できます。

また、「補修」と「復元」の違いについても、しっかり理解しておくことをおすすめします。補修は壊れた部分を外観的に元のように直す事ですが、壊れなかった部分との噛み合わせが悪く再度壊れてしまうようなケースも珍しくありません。対して復元は壊れた部分を以前と同じ状態に完全回帰させることを意味しており、効果の上ではこちらの方が間違いなく大きいといえます。

最良の保証は、「故意に抉った傷等を除いて、すべての損傷に対応してくれる」という物ですが、できるだけそれに近い条件を提示している会社に仕事を依頼する事をおすすめします。

 

耐用年数と長期保証の違いをしっかり把握しつつ、保証書の内容もしっかり熟読して免責事項に穴がないか等をとくに注意する事をおすすめします。大抵は事前にネット等で、入手する事ができるようになっている会社がほとんどなので、事前に取り寄せておく事がとくに重要です。その上でコーティング剤毎の違い等を理解しておけば、理想的といえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧